買い物かーとの中

日々の散財を記していくブログ。
買い物かーとの中 TOP  >  スポンサー広告 >  特撮・アニメ 感想 >  魔法少女まどかマギカ 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

魔法少女まどかマギカ 感想

魔法少女まどか☆マギカ 感想 
リアルタイムの最終回から丸一年が経とうとしていますが今頃になって視聴して感動しているという、世の中と自分が一年遅れてんだなぁと痛感しながら駄文ですが感想でも書こうかなぁと。




なにせ一年前に完結している作品ですから考察などは自分よりももっと頭のよい方がものすごい分かりやすいものをしているでしょうから自分が感じたものをダラダラ書いていくてな感じで一つ。

雑記にも書いたんですが可愛らしいキャラデザインと劇中音楽とえげつない話の内容という本来組み合わないだろう・・・ってものがとてもうまくマッチしてるなぁっていうのがやはり印象としてはそれが一番です。あと魔女や魔女が生み出す結界だけ絵のタッチが違うのも効果的で。超不安になるんだよなあの感じ・・・

ストーリー自体は確かにえげつないんですがきちんと構築されていて辛い展開なのになぜか見てしまうという「続きが気になって仕方ない」という見事な物でした。いやー惹きつけられた。
まどかが他の魔法少女一人一人の戦う理由を見て自分の戦う理由を見つけるというこうして書くとありがちなお話なんだけれど、さっきも書いた魔法少女になったうえでの辛い展開がしっかり描写されているということでまどかの「魔法少女になる」という覚悟の重さが一層伝わってストーリーに深みを加えてるんだなーって。
そのストーリーの終着点である、まどかが概念となって魔女が消え、代わりに魔獣が現れた世界。まどかが守りたかった世界を今度はほむほむが守ってるというこの何とも素敵な!
安易に問題を帳消しにしてしまうのではないというのも感心というか、嘘くさくないというか。魔女→魔獣の転換は無性に納得したw あとQBとほむほむが仲良くしてるのにこんなに違和感を感じるとは思わなんだ・・・・

QBは叩かれているというか嫌われてるっていうのが未視聴だった頃の自分の印象で、見始めると「全然嫌われるようなキャラじゃないよなー、声も可愛いし。」とか思ってましたが最終話まで見た今は言い表せない憎悪があの白く丸っこいのに浴びせられるように。
キュウべぇことインキュベーターやソウルジェムの設定も緻密でしたねぇ。
ほむほむが時間を飛び越えることでまどかの因果の糸を束ねることになっていたなど細かいところまでしっかりしていてこれまたすげーなーと

個人的にほむほむの過去が明かされる回がお気に入りだったりします。本編が終わり最後に流れるOP曲で鳥肌が一気にぞわぞわっと。あれの歌詞はほむほむの事だったのか・・・。

まとまりのない文になっちゃいましたが作品はとても面白かったです!記憶消して最初からもう一回観たいな・・・・
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/03/04 01:07 ] 特撮・アニメ 感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール
つぶやき。
管理人の主な生息地帯。
Twitpic 玩具写真とかいろいろ乗っけてます。
月別アーカイブ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。